ご家庭や個人で利用

トランクルームというと扇風機やストーブなどのシーズンオフの家電や毛布や衣類、
ゴルフバッグやスキー用品等趣味のものなどご家庭に収納しきれないものを
収納する物置サイズのスペースというイメージがある方が多いと思います。
実はトランクルームは物置サイズだけでなくクローゼットサイズから
6畳くらいの部屋のサイズまで様々な広さのものまであるのです。

クローゼットサイズのものですと月々3000円程度という安価なものも多く、
趣味で集めているものや本屋CDなどを収納するのにいいサイズです。
そしてそこに住めそうなほどの広さのスペースの主な使い道は、リフォームや建替え、
引越しの際に一時的に家じゅうの家具や家電を保管していくという目的で使われます。

同じような大型サイズの収納庫で屋外コンテナがありますが、
屋外ですので出し入れの際は気候に左右されますし、
管理人が常駐しているわけでもなく監視カメラの設置がされているところも少ないので
やや不安感がありますが、トランクルームなら空調管理のされた室内なので、
家電や寝具が湿気で傷んでしまうとか出し入れの際に雨風に当たってしまう
ということもありませんので安心して預けておくことができます。

そして常駐の管理担当者がおり、出し入れをしてくれたり立ち会って
手伝ってもらえますので、家具などでも楽に収納することができますし、
大型家具でしたら事前に店舗側に話をしておけば荷物の運搬もお任せすることが可能で、
とても便利なものです。

基本的にトランクルームは、危険物や臭気を帯びるものや生ものや要冷蔵の食品、
そして生き物や高価な貴金属の収納、犯罪に関与しているものの収納は不可です。
自身がルールを守るのはもちろんですが、周りで違反をしている人を見たら
後々のトラブルを回避するという意味でも運営側に報告する必要があります。
先にもお話しした通り、出し入れは常駐の管理人が行うか立ち合いの元なので
チェックは入りますが、それでも隠して持ち込むという人もおり、
その中でペット飼っていたという話も少なくはありません。

収納禁止としている項目は、店舗の運営会社によって変わってきます。
食品全般は不可というところもあれば、酒類やペットボトルの飲料や非常食のような
すぐに悪くなってしまうものでなければ可能なところもあります。
そういったところでは空調管理がされているということで、
ワインセラー代わりに使っている人も多くいます。
禁止事項や収納可能なもの、疑問点があれば事前に確認しておくことが大切です。